性的マイノリティの人達の人権がどんな社会でも認められることを願う

最近のニュースの中で、読んでいいていたたまれないものがありました。

それは、インドネシアのアチェ州で起きた同性愛者に対する刑罰に関するニュースです。インドネシアのアチェ州という地域では、シャリアと呼ばれるイスラム法が適応されていて、そのシャリアでは同性愛が違法とされています。そのため、同性間で性行為をした男性カップルがムチ打ち85回の刑を言い渡されたという内容でした。

私自身は、同性愛者ではありませんが、同性愛やバイセクシャル、トランスジェンダーなど、性的マイノリティの人達も異性愛者の人達と平等の権利があると信じています。そして、法律的にもそれらの違いに関わらず、公平に平等の権利が認められるべきだと考えます。

実際に、他の国では、同性間の結婚が認められたり、性的マイノリティの人達が堂々と街を歩ける地域が世界各地で存在しています。例えば、カナダではゲイの人達が堂々と街を歩く写真をニュースで見たことがあります。そのため、地域によって異なる彼らの待遇の違いに愕然としてしまいます。

性的な違いはあれ、どんな人間も平等に、そして、自分の気持ちに正直に生きることが世界のどこにいても認められるようになることを願っています。

三井住友銀行カードローン 審査
実は三井住友銀行カードローンの審査はあなたが思っているほど厳しくないという事実、知ってました?